負けの原因は何だか本当にわかってる?

本日のゲームは散々だった。
すべて僅差で負けてしまったのだ。
普段調子の良い時なら圧倒的に勝てる相手にも、だ。

自宅に戻って考えてみた。

今日の負けの原因は、なんだ?

するといくつもの、ダメの理由がわかってきたのだ。

誰にでも覚えがあると思う。

普段の練習ではできても、いざゲームや試合になると、これをやらなきゃ、あるいはこれをやっちゃいけない、ということも夢中すぎて無視していることを。

本日の自分がまさにそうだったのだ。

一番いけなかったのはミスの多さだった。

まずはなんでもないショートサービスでネットにひっかけてしまう。

スマッシュがネット前にひっかかってしまう。

ドロップがネットを超えてくれない。

スマッシュレシーブを打ち返せない。

など、ありとあらゆるミスだ。

負けの原因のひとつはこれ。

 

次に、左右に振られた時の、浅くなってしまう返球だ。

トッパンでスマッシュを相手側のバックに打った時、すぐに返ってくるバック側へのクリア。

これを取る時にどうしても間に合わず、バックのドロップで打ち返したり、中途半端なクリアで打ち返したり、切り返しのストレートドライブがあまりにも低すぎて前衛の餌食になってしまったり。

この二つが今回の負けの原因。

前述の、ケアレスミスは注意をすればなんとかなりそう。

けれど、後述の、時間的に間に合わない、というミスは普段練習しているのに、そのことをすっかり忘れてしまっていたためのミスだ。

以前このブログにも書いた、クリアが浅くなってしまうのは、上半身を上げてあおいでしまうのが原因。

そういう時に注意したいのは、必ず足から先に動かすということだ。
自分の動きを分析してみたら、足から先に動いてはいなかった。

あ、クリアがバック奥に来たな、と思って、シャトルを見上げながらそちらのほうにドタバタと走っていき体制を整える、というやり方だからいけないのだ。

シャトルが来たなと思ったら、最初にやるべきは、足を動かすことだ。見上げることではない。

そしてクリアを打つフォームにも問題があった。

クリアを打つ時は、身体を真正面にして打っていたことに後から気が付いた。

ネットに向かって仁王立ちは絶対禁止だ、といつも思って練習しているのにもかかわらず、だ。

身体は横向き。当たり前のこと。

できれば反るぐらい後方に体を傾け、ラケットを持っていない方の手は上に上げ、そして、肘を思いっきり引く。

高く遠くに打てる人のフォームをじーっと観察すると、ほぼ全員がこのフォームなのだ。

次回以降のゲームでは、これらのことを忘れないでおこう。

大人バド部のみんな
自分が負けたゲームや試合は振り返りたくないかもしれない。

でも、負けた原因が何なのか本当にわかっているだろうか?
もう一度、負けたゲームを思い出してほしい。

そこに、上達のヒントが必ず隠れているのだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。