大坂なおみに少しでも近づけるフット―ク方法

うー。なんということだ。

最後にバドミントンをやってからちょうど10日も経ってしまった。

ここ1年以上はほぼ週4-5日程度バドミントンをやっていたのだが、最近急に仕事が忙しくなり、まったくもってバドミントンができないでいたのだ。

しかし、その間を縫って昨日久しぶりにやった。

打ち方も忘れてしまっているぐらい、ものすごく久しぶりにやったのだった。

以前から膝に水が溜まって右膝が痛い、という記事をここ7-8カ月の間ブログにも書いていたのだが、膝が痛くなってから10日もバドミントンをやらなかったのは初めてだった。

少しは改善されているか?と思ったがこちらのほうはそうでもなかった。

数か月前から水はたまらなくなったのだが、その代わり、右膝の痛みと右腰のだるさが増えてしまい、今に至っている。

さて、久しぶりのバドミントンだったが、意外にも、体もそれほど重たさを感じることなくまあ、無難に練習ゲームをすることができた。3戦3勝。

さて、バドミントンよりきつかったのは、つい先日参加した、スポーツジム主催の足腰強化トレーニング教室だった。

チケットが当たったので行ってみたのだが、いやー、きつかったっす。

いかに普段トレーニングをしていないのか、がよくわかったし、ただバドミントンをやっているだけじゃ、足腰は鍛えられないんだな、ということもよくわかった。

この間の全米オープンテニスで大坂なおみ選手が優勝を果たしたのだが、彼女が昨年から大きく変わったのは、そのフットワークだ。

ダイエットをして減量をしたのと同時に、足腰の強化を徹底的に行っていたのだ。

だから、あれほどのフットワークを手に入れることができたのだ。

今回のトレーニングに参加してみていくつか、これは自分でもすぐできそう、と思った効果的なトレーニングを覚えた。

それは、床に腕立てふせをするような恰好になり、腕立ふせをするのではなく、うつ伏せの状態で、右足と左足を交互にお腹のあたりまで移動させる、というもの。

その時、決してお尻を高く上げてはいけない。

右足、左足を交互に出すのだが、きついのでどうしてもお尻が高くなってしまう。

体は極力床と並行。その状態で足を前後に動かすのだ。きっつーい。

これ、自宅でも簡単にできてしまうけど、きつい。でもできれば大阪なおみみたいにフットワークが軽くなるぞ~。

ついでに、大坂なおみ選手の普段のフットワーク練習のひとつに、縄跳びがある。

ツアーの現地に入ったらまずすること、それは縄跳びなのだ。ツイッターでそう言っていた。

縄跳びだって普段からいくらでもできる。

よし。明日から縄跳びと、腕立て伏せの状態からの左右の足を前後に動かすトレーニング、この二つを自主連に組み入れよ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。