闘志むき出しのゲームは面白い

本日はバドミントン教室の同じクラスの連中とゲームを行った。

半分以上のメンバーはどこかしらのクラブに所属しているか、教室以外のところでハードな自主練をしているメンバーだから実力は十分にあるし、実力もそれほど違いはない。だからゲームは面白い。

腹のさぐりあいだったり、普段クラブ内のメンバー以外の人たちとのゲームの新鮮さだったり、普段の実力を試そうとしていたり、色々な思惑がいりまじってのゲーム大会だ。

自分は、クラブのメンバーにどこまで対抗できるか、自分の今の実力が知りたかった。

3戦行い、2勝1敗と勝ち越した。これはうれしい。

勝利した2つの試合の理由は明らかだ。

1 サーブ前に相手をよく観察
これは大きい。サービスは、相手をよく観察するところから始まる。
相手の構えが、右寄りだったり左よりだったり。前すぎたり後ろすぎたりしてはいないか。
ロングサーブにも対応できるポジションか否か。
ラケットはどこに構えているか。

そういった細かい情報を短時間でインプットして自分のサーブを決めていく。

よく考え抜いて出したサーブは、相手が返せたとしても苦しい体制の場合が多いから次か、その次のショットでほぼ決まる。

2. 攻撃を緩めない
相手がクリアで返してきたら、クリアで返さず攻撃する。スマッシュのリターンが高く上がってきたらさらにスマッシュをする。決して攻撃の手を緩めなかった。これが相手へ脅威を与える。

3. パートナーに打たせる球を出す

ダブルスはパートナー命。自分だけでゲームをやっているわけではない。パートナーに気持ちよく打たせるために、自分のショットを、相手が甘い球をパートナーへ出すような方向に打つ。そしてパートナーに気持ちよく打ってもらうのも、二人が乘れる要因となる。

4.空いている場所をとにかく探し、そこに球を運ぶ

空きスペースを常に見つけておく。見つけるだけじゃだけ。見つけたらそこに球を運ぶ。これを徹底して行なおうとした。

 

以上のようなことを念頭に入れて対戦した結果、勝つことができた。

最後のゲームは、4人の実力はほぼ同じ。敗戦したのは、他人のせいにはしたくはないが、自分のパートナーの調子がとにかく悪かった。アンフォーストエラーが目立ってしまった。
ただ、この原因を作ったのは自分にもある。
自分がもう少しよいところに戻ってくる球を打っていれば、それも防げたかもしれない。

その他反省すべき点は、苦し紛れに相手が構えているストレートの方向にドライブか、甘いロビングを打ってしまった時、そこからのカウンターをクロス奥にいれられてしまったことが2回ほどあった。

これはいけない。

同じミスをしてはいけない。

その場合は、ストレートではなくクロスに送るべきだった。まして自分のパートナーが前衛を守っていた時だった。

もしクロスに出していたら、そこから相手は、甘い球を出してきたに違いない。

悔やまれる。

普段の自主練では実力の違いが大きい場合も多いので、時々手を緩めてしまっている時もある。そのことに、今回のゲームで気が付かされた。

それだけ今日のゲームでは、闘志むき出して戦った。相手も闘志むき出して戦ってくれた。それが面白かった。それだけでもやった価値があった。なかなかそのような、闘志むき出しゲームというのは普段はないから、逆に新鮮でもあった。

大人バド部のみんな

時には、試合と同じようなつもりで真剣にゲームをやってみよう。思い切り実力を出せるゲームはとにかく面白い。
そのゲームで、勝っても負けても、新しい発見をして、次につなげていこう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。