どこに打つか、を優先させることで簡単に点数が取れる

相手からチャンスボールが上がってきたらすかさずスマッシュを打つ。

でも、そのシャトルをどこに運ぶか、ということが、スマッシュを打つことよりも優先事項だ、ということを本当に痛感している。

上級者とゲームをするたびに、反省とともに感じていることだ。

はっきりいって、チャンスボールがきたら、スマッシュでなくてもいいのだ。
もちろん攻撃体制は変わらないけれど、甘い球でも点数は取れる。

それは、どこに打つかによって、簡単に点数を取れることが多いのだ。

ダブルスの試合の時は、シングルスよりも空スペースは少ないが、必ずどこかにそれはある。

もし空きスペースがない、と思ったら相手がどのようなポジショニングを取っているか、瞬時に見てみるのだ。

たとえばサイドバイの場合、均等に半コートで構えているペアは少ない。

攻撃側の後衛がフォア側にいる場合、ストレートにスマッシュが来ると予想し、相手ペアの前衛はフォア側寄りに陣形を取っている。

その場合は、すかさずバック側の浅いところにクロスのカットドロップを送る。

そうすれば無理にスマッシュを打たなくても簡単に点数を取ることができる。

もしサイドバイのどちらかのペアがコート奥側に構えていたら、このクロスカットがとてもよく働いてくれるのだ。

もし相手ペアが均等に半面を守っていても、中央が空いている場合がある。その場合、ど真ん中奥にスマッシュを送るか、クリアを送るか、またはドロップを送ってみれば、相手は迷う。

たとえ拾ったとしても迷いながら返してくるシャトルは、甘いところに返ってくる可能性が高い。

もしよい球が返ってきたとしても相手陣営はその時点で崩れている可能性が高い。

そうすれば、次の球がチャンスボールとなる。

このように、強いスマッシュを打つのではなく、相手を動かしたり、相手の空スペースにシャトルを運ぶことで、次のボールにチャンスが巡ってくるのだ。

もし空きスペースがなければ徹底的に相手を動かすシャトルを送るべきだ。

大人バド部のみんな

相手コートの空きスペースに、シャトルを送るようにしよう。

もしくは中央に送って、返ってくる球でチャンスを創ろう。

バドミントンの攻撃は、決してスマッシュだけではない。相手をよく動かし、体制を崩した時に、チャンスが巡ってくるのだ。

スマッシュは、意外に簡単に相手に取られてしまう事も多いから、強いスマッシュだけでは戦えないのだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。