打ちにくいクリア、打ちやすいクリア

ドリブンクリアとハイクリア

最近、バド仲間のAさんのクリアが俄然うまくなってきた。

もともと腕の力はある人で、初心者のころからよくクリアは飛んでいたのだが、最近、そのクリアがさらにクオリティの高いクリアに変わってきた。

クリアにはハイクリアとドリブンクリアの二種類ある。

ハイクリアは、文字通り、なるべく高く奥に飛ばすクリアだ。高く奥に飛ばすことで滞空時間をできるだけ長く保つ。そうすることによってクリアを打った側が、体制を整えることができる。

いわば、守りのための打ち方だ。

それに対してドリブンクリアは、低く速いクリアだ。低いとはいっても相手につかまってしまっては意味がないので、相手がラケットを高く上げても届かない程度の低さを保つが、高すぎないことがポイントだ。

これは、ハイクリアとは逆に攻撃的な打ち方だ。

相手がダブルスでもシングルスでも、前に出過ぎてしまっている場合に非常に有効な打ち方だ。

さて、彼女が磨きをかけているのは、ドリブンではなく、ハイクリアのほうだ。

打ちやすいハイクリアと打ちにくいハイクリア

ハイクリアは大きく分けると二種類ある、ということをご存知だろうか。

それは、打ちやすいハイクリアと打ちにくいハイクリアの二種類だ。

打ちやすいクリアというのは、相手コートの一番奥に到達する部分で山型にゆるやかに下がっていく弾道だ。一番高い山の部分は、相手コートのサービスラインよりやや奥あたりだろうか。

いっぽう、打ちにくいハイクリアというのは、もっとも高いところが限りなくバックバウンダリーに近いところ。つまり一番奥のところでもっとも高くなる、そしてラインぎりぎりでストンと下に落ちるというクリアだ。

これがとにかくもっとも打ちにくいのだ。

奥までぐぐっと伸びてくるから、どうしても後ろに下がらざるをえない。しかも高いから、しっかりと奥まで下がって、ラケットとシャトルの間に一定のスペースを保った上で打たないとへなちょこな返球になってしまう。

そうなったら相手の餌食だ。

彼女のクリアは、きちんと奥まで届くハイクリアなのだ。

そういうクリアが打てるようになったらしめたもの。どんな球でも自由自在だ。

相手をそのハイクリアでずっと奥まで下げて、次の球で、ネットすれっすれのドロップを狙う。打ちにくいクリアを返球するのは至難の業だ。だからついつい浅くなってしまったり、苦し紛れにドロップを打ってしまって自滅する。

とにかくクリアは肝だ。

大人バド部のみんな

クリアの練習をしよう。

ただクリアを打つのではなく、質の高いクリアを打てるような練習をしよう。

なるべく奥まで届くハイクリアの練習を定期的にすること、そして筋力をつけるために、普段から500mlのペットボトルの上げ下げを、1日1000回ほどやってみよう。

とにかくクリア、クリアだ。相手にとって打ちにくいクリア、ハイクリア、質の高いクリアを打てるようにい日々努力しようではないか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。