ダブルスのローテーション どうしたらいい?スムーズにするための自主練メニュー

ダブルスローテーションは簡単か?

ダブルスのローテ―ションは、簡単なようで難しい。いや本当は簡単なんだろう、と思う。

しかし、実際にやってみると、迷うことが時々ある。

特にドライブ合戦になった時、ペアはどこに立っていたらいいか、と迷う。

また、中途半端な打球になった時、それがスマッシュのつもりだったのか、レシーブのつもりだったのか、ペアが迷ってしまうこともある。

だから、思わずお見合いしてしまったり、変なスペースが空いてしまったり、またトッパンじゃなくちゃいけないのに、サイドバイになってしまったりと、ドタバタ、アタフタしてしまうことはしょっちゅうだ。

さて、そういうことを避けるためにも、普段からローテーションの練習をきっちりやりたい。

そこで今回はこのようなメニューを考えた。

ダブルス・ローテーションをスムーズにさせるための練習

片方のペアは攻める、片方はひたすら守るのを基本とする。

守備のほうのペアが主導でノック的な練習を行う。

[su_note note_color="#fce7a7"]

1.守備側からショートサービス

2. 攻撃側はどこにレシーブしてもよいが、決してあげないこと

3.守備側は、上げたりサイドへ振ったり、を交互に行う。 この時、できれば、高い球をあげたら次は両サイドへのハーフ、ハーフを打ったら次は高い球をあげる、というように長い球、短い球を一球ずつ交互に出す。

4. 攻撃側はこれらの球を拾いながら、高い球が来たら、球に近い側の人が後ろに下がり攻撃する。
ハーフが来たらサイドバイになってつなげる、また高い球がきたらどちらかが下がる、というふうにサイドバイとトッパンの陣形を交互に行いながら、スムーズにローテーションができるように練習する。 [/su_note]

どうだろうか。

この練習は三人でもできる。

三人の場合は、二人が攻撃側で、一人がノック側だ。

ノックの人は、高い球、ハーフ球を交互に出してあげる。

ただし、ノックの人は結構技術力を要する打ち方なので、なるべく上手な人がこの役に回ると良いと思う。

ローテーション練習で気をつけたいこと

この練習は、攻撃側のための練習だ。

攻撃側は、相手から高く上がってきた時だけ陣形をトッパンにする。

ハーフの球が来たら、その陣形を崩し、必ずサイドバイの形にならなくてはいけない。

そして、次に高く上がってきた球は、上がってきた側の人が後ろに下がる。

初心者はなかなかここのところがうまくいかないので、がんばって。

そして後ろから攻撃したあと、相手からどちらかのハーフに来たら、来た瞬間にサイドバイの陣形を取る。

どちらかのサイドに近いほうがこの球を取り、そのまま前衛に陣取る。

相手から高くあがってきたらそのままの前衛体制で問題ないのだが、同じく相手から反対側のハーフに球が来てしまったら、すばやく元のポジションに戻り、サイドバイの形になることだ。

ここの部分も初級者は難しいと思うので、しっかりやってほしい。

また、初級者が動けないのは、高くあがってきた球を一人が後ろに回って取った時、もう片方のペアは前衛に入るべきなのに、これを忘れていることが問題だ。

忘れているのかうっかりなのか、わからないが、とにかくぼーっと球の行方を見てしまう時があるから注意しよう。

[su_note note_color="#e1fca7"]

大人バド部のみんな

ダブルスのローテーションは色々なやり方があるが、今回紹介したのは、比較的ノック側の技術力が少し必要なパターンだ。

そして、もうひとつこの練習でスキルアップできることは、ハーフ球の処理だ。

ハーフ球は本当にやっかい。 実際のゲームで出された時、なかなか取るのに苦労する球だ。

だから、時々こうやって自主連の時にしっかり練習しておこう。[/su_note]

実際にこの練習をやってみて、皆がつまずいた箇所をまとめました



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。