バド ダブルス・ローテーション練習でつまずいてしまうポイントと注意事項

本日の自主練は、昨日考えた、ダブルスのためのローテーション練習を中心にやってみた。

おそらくこの練習は初めての人が多いため、ゆっくり丁寧に説明したつもりだったのだが、間違えてしまった人が多かった。

ダブルスローテーションの練習で間違えやすい、リターンの仕方

ショートサービスは守備側、攻撃側のどちらからはじめてもかまわない。

ただし、攻撃側は上げてはいけない。守備側は攻撃してはいけない、というのがいちおうの決まり事だ。

しかしこの時点でつまづいてしまう人が多数出てしまった。

守備側がサービスした場合、攻撃側のリターンはあくまでも攻撃だから、ロビングしてはいけない。

しかしいつもの癖なのか、ロビングしてしまう人も多かった。

サービスリターンからのポジション変えが遅い

攻撃側はあくまでも攻撃、という設定なので、そこは上にあげずに、落としてショートで左右サイドを狙って打つ。

守備側がサービスリターンの時に上げたあと、攻撃側はすぐにポジションをトッパンに変える。

この時、前衛にすばやく入る、という動作が遅い人もいた。

後衛が攻撃するために後ろに移動した時、それと同時にペアは必ず前衛にすばやく入ることが肝心だ。

後衛がスマッシュを打ってから、前衛が前に行く、というパターンが時々見受けられたので、必ずすばやくポジション変えをすることを念頭に

守備側が、サイドのハーフをなかなか狙わない

守備側は、スマッシュを受けたら、次の球はサイドのハーフに送る。それが返ってきたら、次はロビングする。

これを交互に行う、というやり方なのだが、これがうまくいかない。

ロビングばかりしてしまったり、サイドのハーフを狙わなかったり、バラバラ。

基本的にこの練習は、攻撃側のローテーションの練習なのだが、ハーフのサイドを狙うのはゲームの時にはとてもよく機能してくれるので、ここでぜひ練習しておきたい。

攻撃側が中途半端なポジションになっている

攻撃側は、球があがってきたらトッパンに、球がハーフに飛んできたら、すぐにサイドバイに変わり、どちらかがハーフの球を取ったら、その人はそのまま前衛に入る。

しかし、この動きをわかっていない人が多数いた。

ハーフを拾って相手側コートに落としたのちも、そのままサイドバイの状態を続けている。

これだと相手から高く後ろに振られた時に返すことができない。

また、相手側から同じようにヘアピンで返された時も、スムーズに返すことができない。

それを避け、攻撃し続ける体制になるためには、サイドの球を拾った人がそのまま前衛に入るのが一番効率的だ。

この練習をうまくこなせるようになれば、ダブルスのローテーションはもっとうまく対処できるようになるはず...か。

さらに次回もこの練習をやってみようと思う。

[su_note note_color="#e1fca7"]

大人バド部のみんな

ダブルスのローテーションで一番困ってしまうのは、ハーフの処理だと思う。

この練習では、このハーフの処理をどうするかを体得するためにも有効だ。

また、サイドバイからトッパン、トッパンからサイドバイへのスムーズな移動も、この練習で行えるようになる、と思うのだがどうだろうか。

練習メニューのひとつに取り入れてくれれば嬉しい。[/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。