バドミントン ダブルスゲームの進め方で知っておいたほうが良いこと

バドミントンのゲームは、いわば練習してきたことの集大成の時間といってもよい。

ゲーム中に、やるべきことはたくさんある。

しかし、やってはいけないこと、もあるということをお伝えしたい。

これはゲームを進めていく上で、知っておいて損はない、とても大切なことだ。

振り向かない

あ、そうか、と思う人も多いことだろう。

自分が前衛にいる時、後衛のほうを振り返っては絶対に、絶対にいけない。

なぜかと言うと、後ろから打つラケットやシャトルが、自分に当たってしまうかもしれないからだ。

それが目だったり、顔だったりすると大変なことになる。

振り回したラケットが顔にあたっては大変。

特に男性の力は非常に強いから、もしそうなってしまったら、大怪我をしてしまうこともあるからだ。

どんなに振り向きたくなっても、これは絶対にやっちゃいけない。

ペアが気になっても、ゲーム中は絶対に振り向かないこと。

これは常識中の常識なのだ。

 

安心しない

これは自分にも言い聞かせていることだ。

つい昨日もこんなことがあった。

ダブルスの試合でのことだ。

相手ペアの一人は初心者だった。こちら側が圧倒的に有利にゲームを進めていたから、比較的プレーに余裕を持って戦っていた。

そして初心者のRさんを相手に、スマッシュを打った時だ。

それはたまたまRさんが出したラケットが、たまたまシャトルの端にあたり、ひょろーっとこちら側のコートに入ってきてしまったのだ。

これはネット際に落ちてしまった球だから、拾うに拾えない。

こちらはスマッシュを打った時に、まさかそんな球がRさんから戻るとはおもなずに、1点を奪われてしまった。

相手は弱いから、初心者だから、自分よりヘタだから、という理由で安心してはいけない。

どんなレベルの人でも、もしかしたら上手に当ててこちらに返してくるかもしれない。

今回のように偶然に入ってしまうかもしれない。

どちらにしても、どんな相手に対しても真剣に立ち向かうことを忘れてはいけない。

 

わざわざ相手に向かってシャトルを送らない

なぜ、相手に向かってシャトルを打ってしまうのだろう。

このシャトル、自分たちに打ち込んでくださいね、と言っているのと同じことなのだ。

相手にシャトルを送るというのは。

そうわかっているのに、なぜ打ってしまう?

練習をしていると、相手にシャトルを打つから、それに慣れてしまっているからなのか。

いつも悔しい想いをしてしまう。相手にシャトルを送ってしまった後は。

正しいのは、相手のいないところにシャトルを送ることなのだ。

わかっているのに...。

これはゲーム中は、いつも意識して、誰もいない空間にシャトルを送ることを週間づけるといい。

そのためには常に相手コートの様子を見続けることだ。

[su_note note_color="#e1fca7"]

大人バド部のみんな

バドミントンのゲーム時には、振り向かない、安心しない、相手にシャトルを送らない、

この三つを意識するだけでも、ずいぶんゲーム上手になること、間違いなしだ。

さあ、ゲームを楽しもう。[/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。