バドミントン サービスの練習をする時はこんなことに気をつけるとよい

ゲームの時、サービスを打つ時が一番緊張する瞬間だ。

みんなはサービスを打つ時は、どのように打っているだろうか。

相手の構えを見て、ショートサービスとロングサービスをうちわけているだろうか。

ゲームに慣れていない時は、相手の構えを見る余裕はない。

それよりも、自分のほうがロングかショートか、打ちたいものを決めて打っている。

これでは勝てない。

ゲームに勝とうと思ったら、最初の、サービスのところから真剣に取り組まなくてはいけない。

サービスの時、いつも点数を取られている人は、こんなことにぜひ気を付けてほしい。

サービスをいきなり打っていない?

さあ、ゲーム開始、と言う時、まだレシーバーが、構えるか構えないか、という時に、いきなりサービスを打ってくる人がいる。

タイミングがあまりにも早すぎるのだ。

早く打つ人は、まず相手の構えは見ていない。

だって、相手が構える前にサービスを打っているのだから。

そういう人は、早く打って相手の挙をつきたいのだと思う。

しかし重要なのは、早く打つことで自分もまだ準備ができていないから、失敗する確率が極めて高い。

サービスミスが多いのだ。

それは自分が準備してからサービスを出すことで回避できる。

だから、くれぐれもサービスは早く打とうとしてはいけない。

まず構える。そして相手の構えをじっくり見てその構え方を観察してみよう。

そして何を出すか、どこに出すか決めるのだ。

サービスに入るまでは、ゆっくりやろう。

しなくてもいいサービスミスも、これで防ぐことができる。

ロングサービスは、自分がすべての準備ができている時だけ

ロングサービスは、とにかくある種の決心が必要な打ち方だ。

ロングを打つ、ということは相手に対して、さあ打ってください、と言っているのと同じなのだ。

クリアで大きく返されるかもしれないし、ドロップが来るかもしれない、いや、スマッシュだって来るかもしれないのだ。

だから、ロングを打つ時は、自分がそれらのどのショットが飛んできても取れる、という自信がある時だけしか打ってはいけない。

もし、準備ができていないなら、ロングは打たないほうがいい。

ロングを打つ時は、自分の場合いくつかのパターンがある。

まず相手の構えがあまりにも前すぎる時。サーバーが、クリアが苦手な場合。

相手がショートサービスを期待している時などだ。

しかし、男性で素早い動きが得意な人や、構えがロングでもショートでも打てる、という体勢でサービスを待っている人には、絶対にロングサービスは打たない。

もし打ってしまったら、相手から攻撃されて終わるのが目に見えているからだ。

このように、ロングサービスを打つには覚悟がいる。

また、パートナーにもロングを打つことをあらかじめ伝えておかなくてはいけない。

そうじゃないと、パートナーの準備も遅れてしまうからだ。

くれぐれもロングサービスを出す時は気をつけること。

自分の準備のチェックもそうだが、自分のパートナーもちゃんと準備ができているかどうか、確認すること。

ロングサービスは、それを十分に意識して普段から練習することだ。

相手からのヘアピン準備、してる?

自分がショートサービスを出した時、とてもよく決まった時は安心してはいけない。

そういう時に限って、相手からめちゃくちゃよい球が返ってくることが多いのだ。

注意しなければいけないのは、前衛にシャトルを返された時だ。

左右のアレイにヘアピンで返されたり、前衛と後衛の中間ぐらいのハーフ球を返したりしてくる。

そんな時、準備ができていない人は、返せない。返したとしても良い球を返せない。

だから、自分が実に良いショートサービスを出した瞬間は、絶対にすぐに構えること。

これは鉄則だ

サービス練習をする時、ショートサービスを出したら、とにかく早く構えること。

その早く構える時は、相手がショートをどこに出してきても自分が十分に取れる、という気構えを持って構えることだ。

普段の練習から緊張してやってみよう。

[su_note note_color="#e1fca7"]

大人バド部のみんな

サービスはちゃんと準備をしてから打とう。

またサービスを打つ時はどんな球を返されても拾うぞ、という覚悟を持って打つことが大切だ。

たいていの人は、サービスを打つ時、サーブをすることだけに集中しがちだ。

しかし、サービスを打つ時に重要なのは、レシーブされた時なのだ。

上手なレシーブを返されないように、サーブには十分に気を付けよう。 [/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。