バドミントン・スマッシュは速度が重要ではない、構えの速さが重要なのだ

よくバドミントンのスマッシュが遅いと嘆いている人がいる。もっと速く打ちたい、と。

しかしスマッシュを打つのは、スマッシュを打つ時の速さよりも、むしろ打ったあとのほうが何倍も大切だ、と自分は思っている。

これは中級程度以上の人なら、心から納得してくれると思う。

速いスマッシュは意外にも、簡単に返される

スマッシュは、ある程度バドミントンが打てるようになると、速くても意外に返せてしまうものだ。だからスマッシュを打っても、決まったと思ったものが案外シャトルが普通に戻ってきてしまう。

エースを打った、と思ったのもつかの間、そのスマッシュのシャトルが、運よく相手のラケットにいい具合に当たって、ひょろひょろ~と、こちら側のネット際にシャトルがポトンと落ちた時は、なんだかもう、心が折れる。

まあ、こういう例はアンラッキーだったと片づけられるが、そうじゃない、心の折れるスマッシュは、なんといってもこちらがフォア寄りから打ったシャトルが、自分のバック側ぎりぎりの箱のあたりに返ってきてしまうことだ。

あるいは、逆に、自分がバック側から打ったスマッシュが、自分のフォア側ぎりぎりに打ち返されてしまう時だ。

ダブルスの場合、自分のペアが拾う球ではない。これは自分が拾わなくてはいけない球なのだ。

スマッシュを打つ時に覚悟するべきこと

だから、バック側から、とてもいいスマッシュを打とう、と思った時、ある意味、同時に覚悟が必要だ。

それはもしフォア側にいいレシーブを返されたとしても、そこまで走って行ってそのシャトルを取れる、という確信だ。

取れる、と思ったら思い切りスマッシュを打つ。

取れないと思ったら、打つな。

これが点数を奪われないための極意、コツなのだ。

スマッシュを打った直後にするべきこと

この、取れるかどうか、というのはトレーニングを積めば取れるようになる。

足が元から速くないからちょっと無理かも、と思っているかもしれないが、それはあまり関係がない。

スマッシュを打った後の自分の行動が大事になってくるからだ。

それは足の速さに関係ない。

スマッシュを打ったら、前に出すぎてはいけない。

よくテニスでやるようなサーブダッシュは、超危険なのだ。

なぜって、相手がロブをあげたり、クリアで高く返されてしまったら、後ろに戻っている暇がないからだ。

特にダブルスの場合は、スマッシュを打ったら、その場にとどまり、次の準備をするのだ。

それは相手のレシーブを受ける準備。もしくはまた上がってきた球を攻撃する準備だ。

だから、スマッシュを打ったら、瞬時に構えの姿勢に戻る。

その構えの姿勢は、コートの端までいつでも走れる、という構えと、上がってきた球をまたいつでも攻撃できる、という二種類どちらでも選択できる、という構えだ。

ラケットは上向きで腰から上、胸より下あたり。

足は少し曲げて、ちょうどお相撲を取る時の構えの姿勢、のような形。

スマッシュを打った直後にこのような形の構えに戻れれば、走って取ることができる、と思う。

スマッシュを打つ時は、自分が走っていける、と確信した時だけ、だ。

それ以外の時は、スマッシュによって自分の首を絞めることになってしまう。

大人バド部のみんなへ

[su_note note_color="#fff266"] 練習の時は、スマッシュは何気なく打ってはいけない。

スマッシュは、打ってからの構えもワンセットで練習するべきだ。

だから、スマッシュを打ってすぐに構え、

スマッシュを打って、構え、

スマッシュを打って構え。

これを何度も練習しよう。

構えがきっちりできるようになったら、走れる。

そしてどこにレシーブが飛んできたとしても返すことができる。

体が自動的に構えの姿勢になってくれるまで、何度も繰り返し練習して、体に覚えこませよう。[/su_note]

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。