バドミントン ゲームで攻撃型に終始するのはいい?よくない?

本日の練習ゲームは、今日は一勝二敗。

二敗のゲーム内容は、ひとつのパターンが災いした。

というのも、どうやら自分は落としすぎ(攻撃型オンリー)らしい。

落としすぎ-攻撃しすぎ

ゲーム終了後、Dさんから指摘された。落としすぎ(攻撃しすぎ)、と言われたのだ。

自分はダブルスゲームの時は、相手からシャトルが上がってきたらまっさきに考えるのは攻撃。

ドロップをしたり、スマッシュをしたり、とにかく攻撃する。

相手に攻撃をさせないようにするためだ。

しかし、時にはクリアをあげて相手に攻撃させることも必要だ。

それをせず、上がってきたらひたすら攻撃してしまっていたのだ。

しかし、最近他の人たちのゲーム内容を見て、逆に上げすぎだ(守備型)と思うシーンが多々あった。

ショートサービスをあげる、ヘアピンをあげる、レシーブをあげる、とにかく上げまくってしまう。

だから最近は意識して、上げない(守備型に終始しない)、ことを肝に銘じていた。

そうしたら、今度は落としすぎ(攻撃しすぎ)、だ。

ゲームでは、上げる、落とす、のコンビネーションで戦うほうが、相手に読まれることがないからよいのだ。

しかし落としてばかりいては、それはそれで読まれてしまう。逆もまた同様。

だから上げたり、落としたりしながらチャンスを創る戦い方が良いのだ。

なぜ落としてばかりしまうのか

ゲームを振り返ってみた。

相手ペアは二人とも自分にとっては超強い。

特にAさんのスマッシュは鋭く、しかも非常に良いところに落としてくる。

だからこちらがむやみに上げてしまうと、すかさず非常に良いスマッシュが飛んでくるのだ。

だから、よっぽど場所のコントロールができる状態で上げないといけないから、自分としては、上げたくなかった。

そうすると、すべてのシャトルを上げずに、こちらから攻撃を仕掛ける、というふうになってしまったのだった。

これを見て、相手ペアのBさんが指摘したのだ。

「落としすぎ(攻撃するだけ)。」

落としすぎ(攻撃するだけ)だと、何がいけないのか?

落とすということは、つまりは攻撃をする、ということだ。

これはいいことなんじゃないか?と思うだろう。

確かに攻撃するのだから、明らかに攻撃するほうに分があるように思う。

ところが、上級者からすると、こんなに簡単な相手はいない、といっていいだろう。

なぜって、落とすことしかしないから、相手の手の内がすぐに読まれてしまう。

上げれば、必ず落とされる。

このことがわかっていたら、相手は準備をして待つだけなのだ。

こんなに簡単なことはない。

だから、落とすばかりじゃだめなのだ。

落とす、上げる、この繰り返して、相手に手の内を読まれない攻撃をしていなくてはならない。

[su_note note_color="#e1fca7"]

大人バド部のみんな

攻撃一辺倒ではいけない。

時にはわざとクリアを打ったりロビングをしたり、ドライブをしたりして、

変化をつけた攻撃をしなければ、簡単に相手に見抜かれてしまう。 ぜひ心がけておこう。[/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。