みんな違うことを言う そういう時は?

それにしても、バドミントンをやりはじめた時から、今日まで、いつもいつも苦手意識を感じているのは、クリアだ。

やりはじめの頃は、もちろんまったく飛ばない。

ただ、ぶんぶん利き腕を振り回して、遠くに飛ばそうとしていたからだ。

コーチはこう言う。

「シャトルは打とうと思っても絶対に飛ばない。はじくんです。」

この、はじく、というのは、バドミントンをやりはじめて3年たった今は、ようやく意味がわかるのだが、やり始めの頃はまったくわからなかった。

そして、そのコーチはこうも言った。

「コーチの言うことがわかるようになるのは3年ぐらいたったころから。」

 

はは、まったくその通りだ。

初心者は、フォームも、コーチが言っていることも、何ひとつわかっていない。

すこしずつ、すこしずつやりながらなんとなく覚えていくものなのだ。

クリアについては、いろいろな人に聴きまくった。

もちろんみんな言うことは一緒ではない。

ある人は、シャトルに当たる前までのスピードがすべてだ、と言う。

ある人は、身体の向きが重要だと言う。

ある人は、腰をまっさきに廻すことで、腕が自然に振れると言う。

そして3年たった今でも、試行錯誤は続いている。

大人バド部のみんな

ショットの打ち方がわからない時は、どんなことでもいいから、それがいい、と思ったらとにかくやってみることだ。

そのやり方が自分にとっていいことなのかどうかは、トライしてみて初めてわかるのだ。

トライ&エラー、その中で、自分に一番しっくりくるものを選択していけばいい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。