チャリチャリ 速い連打の練習

チャリチャリって何?

うーむ。チャリチャリ練習、今日、初めてチャリチャリ練習というものをやった。

これは明らかにバドミントン用語だから覚えておいて損はない。

そもそもチャリチャリとは何か。

これはインドネシア語から来ている。チャリチャリ って言うと、探して、選択して、という意味になるそうだ。

それがどうしてバドミントンの、速い連打の練習に使われる用語となったのかはよくわからないが、とにかくチャリチャリ練習は、よく使う言葉みたい。

チャリチャリのゲームの時のコートの範囲

さて、そのチャリチャリ練習は、特にダブルスのゲーム練習にとても役立つものだ。

チャリチャリの時の打ってよい大きさは、前がショートサービスライン、後ろがダブルスのロングサービスライン、フォア側がダブルスサイドライン、内側がセンターラインの箱の中だけだ。

それ以外の、ショートサービスラインより前、あるいはロングサービスラインより後ろはダメ。

ネット前にポトンと落とす、というのは使えなくなる。

また、ロングのスマッシュを打って決めてもダメ、相手の得点になってしまう。

さて、この箱の中だけで練習ゲームを行うわけだが、これが結構大変だ。

まずサービスが少しでも浮くと相手からバシッと決められてしまう。

また上がった球を思い切りスマッシュしても少しそれるともう箱の外になってしまう。

またレシーブについても、近いところからのスマッシュを返すのだから大変だ。

基本的には低い弾道のネットすれすれのシャトルをお互いに出し合い、少し浮いたらすかさず短いスマッシュを決める、ということになる。

チャリチャリのゲームで勝つコツはこれだ

今日、初めてチャリチャリのシングルスのゲーム練習をやったが、よくわからずにとにかく打ちまくってしまったら、ミスをしまくり、撃沈してしまった。

どうやらチャリチャリにはコツがあるらしいということがわかった。

[su_note note_color="#befae9"]まずサーブは、ショートサービスで、しかもネットぎりぎりのサービスを打つこと

相手が浮いた球を出したらすかさずスマッシュ

相手の肩口を狙ったショットを多用

出来るだけ相手の穴を探す この4つがコツだ。[/su_note]

そして、わかったと思うが、チャリチャリとは、探す、という意味。つまり相手の穴を探す、という意味でのチャリチャリだったのだ。

なんだ、そういうことね。

このチャリチャリ練習は、よくダブルスで速い展開の、低い弾道でドライブ合戦になった時にとても有効だ。

速い展開の時は、どうしても、同じ場所にシャトルを返してしまいがちなのだが、この練習をしておくと、相手の返せないところを素早く見つけてそこに球を送ることができるようになるはずだ。

[su_note note_color="#f6f58c"]大人バド部のみんな

時々このチャリチャリ練習を取り入れてみよう。

シングルスで1対1でもよいし、ダブルスで2対2の練習でもできる。

実際にやってみると結構難しいことがわかると思う。

でもきっとゲームや試合の時に役立つと思うよ。[/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。