動けなくても勝てる

本日はさらに悪化した膝を抱えて練習へ。
本来なら見学してじっとしているべきだが、やはり周りがやっているとどうしても打ちたくなってしまう。
少しだけ、と言い聞かせながら軽い練習のつもりでゲームをいくつか行った。

右膝に髄液がたまっているので、思うように動けない。
どうしても自然に右膝をかばうような動き方になってしまう。
だから、そのせいで腰は痛くなるし、そもそも足が痛いからあまり動けないし。踏ん張れないから前へも出れない、左右の動きも圧倒的に悪い。
もちろん後ろへ下がってのクリアも全然だめ。
こんな調子でバドミントンができるのか?

ゲームでは、案の定動きが悪かった。
しかし、シャトルがことごとくいいところへ飛んでいってくれた。

というのも、鍵は、相手の空スペースの確認。

自分がどのコースへ打つか、は相手がどこを守っているか、による。
だから、相手が守っていないところ、相手が守りにくい場所、そもそも相手スペースに空きのあるところをピンポイントで狙って打っていったのだ。

クロスカットを多用した。
また、相手のラケット構えの状態によって、フォア側にスマッシュを打つのか、バック側がいいのか、瞬時に判断。

これらがとてもよく効いてくれたのだ。

相手のスキルがそうでもない時はすかさずクリアで奥にシャトルを飛ばし、十分後ろに下がってくれたな、と見極められれば、すぐにドロップでネットギリギリに落とすようにした。
もし一回で決まらなくても、相手を前に引き付けることができ、そしたらさらにロブで後ろに送る。
これを繰り返していたら相手は必ず甘いショットを飛ばしてくる。
そこをいっきにスマッシュで決める、のだ。

大人バド部のみんな
相手がどんなに強くても、自分がどんなに動けなかったとしても、飽きらめてはいけない。
必ずどこかに勝算があるはずだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。