初級から中級への道 ローテーションに最適なダブルス練習

自主連仲間のスキルを見ていると、ダブルスにおいて初中級から中級に行くのに大きな壁があることに気が付く。

それはローテーションだ。

それぞれ頭では理解していても体が動かない人、そもそもローテ―ションを理解していない人、と様々だがとにかく動きが間違えている。

そのため時々ローテーション練習を取り入れているのだが、それがきちんとできるようになればレベルも必然的に上がっていくだろう。

本日はそのローテーション練習に最適なもののひとつを紹介したい。時系列に説明していく。

1.サーバーはロングサービスから入る

この時注意したいのは、ロングサービスを打っても後ろに下がらずその場所にとどまっている場合がある、ということだ。ショートサービスの場合はその場にとどまるが、ロングサービスを打った時は、必ずサイドバイサイドの形にならなくてはいけないので、[su_highlight background="#ddff999"]後ろに下がる。[/su_highlight]

2.クリアを打つ

ロングサービスが来たらペアの片方が後ろに下がって、そこからクリアを打つ。この時、片方のペアはロングサービスが上がってきて、[su_highlight background="#ddff999"]片方のペアが後ろに下がった時、必ず前衛に移動する。[/su_highlight]しかしその後ろに下がったペアがクリアを打ち返した時は、その前衛の場所からサイドバイサイドの形になるため、また横に移動する。この動きは瞬時に行わなくてはいけないので、必ず前から横の動きを体に叩き込むことだ。

また、クリアを打ったペアは、打ち終わると同時にサイドバイサイドの形になるため、少し前に詰めて前衛ペアと逆のほうに移動する。
この時もし前衛が、自分が思っていた場所と反対の場所に移動したとしても慌てずに、ペアが移動したほうと逆に移動することを守ること。前衛ペアがどこに移動するかによって後衛の場所が決まる。つまり[su_highlight background="#ddff999"]前衛の移動が最優先となる。[/su_highlight]

3. ドロップする

相手コートから飛んできたクリアを、ペアのどちらかがドロップする。ドロップする場所はどこでもよい。重要なのは、ドロップする人が後ろに下がった時、[su_highlight background="#ddff999"]もう片方のペアは必ず前衛に移動するということだ。[/su_highlight]これができていない人が圧倒的に多い。ペアが後ろに下がってトッパンの形になったら、もう一人は必ず前衛に移動することを肝に銘じること。

4. ヘアピンする

ドロップが来たら、その球をヘアピンで返す。この時ヘアピンを返す側はサイドバイサイドに陣取っているはずなので、ヘアピンが飛んできた方向に近いパートナーが取ること。そのヘアピンをヘアピンで返した時は、ヘアピンを打った人がそのまま前衛で前を守る。片方のペアは後衛にすばやく移動する。

5.ヘアピンで返す

ヘアピンを受けたら、そのヘアピンをさらにヘアピンで返す。ヘアピンを打ったほうはトップ&バック(トッパン)の形になる。ここで間違いやすいのは、ヘアピンを打っていないもうひとりのペアが、同じく前衛に陣取ってしまうことだ。

最初はサイドバイの形になっていて、片方がヘアピンを取ろうと前に移動したら、すばやく後方に移動しなくてはいけないのだが、サイドバイサイドの形のままになってしまう人が多い。前衛で球を取っている人が前を守らなくてはいけないので、もう一人のほうは、後方に移動するのが正解だ。

6.ロビングする

ヘアピンを受けたほうは、その球を高くロビングする。この時、ヘアピンを返したほうのペアはトッパンになるため、攻撃の形になっているはず。ロビングは当然後衛が取る。この時ロビングする側はサイドバイサイドになっている。

その後は、そのロビングをクリアで返す。→ドロップ→ヘアピン→ヘアピン→ロビング→クリア

この流れで延々にローテーションの練習を行う。

このローテーション練習は、初中級者がもっとも迷う練習だ。クリアを打つ時が特に動けない。いったんトッパンの形になってからすぐにサイドバイの陣形に移動するのを一回のクリアの中で行わなくてはならない。

でも何度も練習することで確実に体に覚えこませることができるので、ぜひやってみよう。

さらに、バリエーションとしてドロップをスマッシュに変えてやってみるのもよいだろう。流れは一緒だ。

[su_note]

大人バド部のみんな

ローテーションは初中級から中級へのステップアップにかかせない練習だ。

このローテーションを、何も考えずに自然にできるようになればしっかりと身についていることになる。

それまで頑張って毎回毎回練習してみよう。[/su_note]

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。