【アジア大会】男子団体、女子団体、男女ともにベスト4でメダル確定

男女ともに本日アジア大会でベスト4を決めた。

女子は本日、インドに3-1で勝利してのベスト4だ。

男子団体は、3-0で韓国を下した。

女子は山口の惜敗を、他のメンバーがカバーした

女子団体は、インドと対戦した。

第一シングルスは山口茜が登場。相手は、因縁の対決、プサルラだ。

今回は山口選手が負けてしまった。18-21  19-21と点数だけ見ても接戦だったことが伺える。

しかしその山口選手の惜敗を、第一ダウルスの福島、廣田選手が晴らしてくれた。

そして奥原選手は第二セットを23-25で取られながらも、最後は21-16で勝利した。

ついで登場した高橋・松友選手。

相手はなんと、第一シングルスで山口選手と戦ったシンドゥ選手とポンナッパ選手。

これにはびっくりだ。まさかシングルスの選手がダブルスにも登場するなんて。

即席ペアなのにもかかわらずインドチームは善戦した。だが肝心な時にラインを割ってしまったりネットにひっかけたり。

なかなか自分たちのテンポに持ち込むことが最後までできなかった。

女子団体の結果 (アジア大会 準々決勝)

準々決勝の結果
日本 3-1 インド

第一シングルス 山口茜 対 プサルラ シンドゥ
〔18-21、19-21〕

第一ダブルス
福島由紀/廣田彩花 対 レッディー/サラ
〔21-15、21-6〕

第二シングルス
奥原希望 対 サイナ・ネワール
〔21-11、23-25、21-16〕

第二ダブルス
髙橋礼華/松友美佐紀 対ポンナッパ/シンドゥ
〔21-13、21-12〕

男子団体の結果(アジア大会 準々決勝)

第一シングルス 桃田賢斗 対 SON Wan Ho
(21-16  21-14)

第一ダブルス 嘉村/園田 対 Min Hyuk KANG/KIM Won Ho
(21-13 21-13)

第二シングルス 西本拳太 対 HEO Kwang Hee
(21-19 21-9)

大会3日目の明日(2018年8月21日)現地時間午後12時に、準決勝が行われる。

女子は地元インドネシアとの対戦だ。相当な声援がインドネシアチームに送られると思うが、ぜひそれに負けずに頑張ってほしい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。