本日のゲーム全勝の理由はこれ

久しぶりにバドミントンゲームで4戦全勝。
ミックスダブルス、ダブルス、ミックスダブルス、ミックスダブルスでそれぞれ僅差で勝利した。

1年前とは大きく違う。
昨年は負けばっかり。相手にいいようにやられてしまっていた。

ところが1年間、がんばってバドミントン教室に通ったり、自主練をしたりしながらすこしずつショットやローテーションやポジショニングや、その他、バドミントンに関する重要なことをたくさん学んでいった。

そして今、すこしずつ初級を抜け出し中級、そしてその上へと歩みを進めている最中だ。

本日のゲームではいくつかの決め事を自分の中で実行しようとした。そのことが勝ちにつながったと確信している。
それらを披露する。

ひとつは相手コートのエンプティスペースにシャトルを送ること。

どうしても人のいるところにシャトルを送る癖から抜け出したい。だからいつも、空きスペース、空きスペースと唱えながら、その場所を常に探している。今回も、とにかく空きスペースを見つけてそこにシャトルを送ろうと決めた。

つぎに、空きスペースがない時は、ペアのどちらか弱いほうにシャトルを送ること。

これは勝つためには重要だ。明らかにペアの実力差がある時はなおさらだ。うまい人にシャトルを送ってしまっては、自分の首を絞めることになる。だから相手のスキルを見極めて、うまい人にはなるべくシャトルを送らないようにすることだ。

チャンスがあればワイパーショットを試してみる

相手のヘアピンがあまりにもネットすれすれに入ってきた時、押し込もうとしてどうしてもミスをしてしまう。だからワイパーショットができるかどうか、チャンスがあれば試してみようと思った。

むやみにロブを上げない

特に相手がスマッシュが得意な場合、やたらロビングを上げていては負けてしまう。
だから、できるだけヘアピンやドライブを織り交ぜて、向こうが上げてきたら、こちらはどんどん攻撃をする、という気持ちで戦った。

 

以上が、今回のゲームで自分が決めた約束事だった。

もうひとつ言うと、実はゲームに臨む前に、つい先日全英オープンで驚きの優勝を果たした、東野渡辺ペアの決勝戦、準決勝戦の模様を動画で見ていたのだ。あのテンポのあるすばらしいコンビネーションのバドミントンを見ていたから、あの動きが良いイメトレになっていたかも。

残念ながらワイパーショットはできなかったが、それ以外の面では自分が考えていたことをゲーム内で生かせた。だから勝てたのかもしれない。

今回いけなかったのは、こちらがスマッシュを打った時、高く深いロブで返してきたのだが同じことを三回繰り返されてしまった。そして、自分のミスが出た。これはいけない。
三度も同じ場所にスマッシュを打ってはいけない。

また、クロスカットがどうしてもきまらない。練習ではうまくいっているのに、本番ではどうしてもだめだ。
次回はもっと練習してさらに打てるようにならなければ。

大人バド部のみんな

ゲームでは何かひとつか二つ、今回のゲームで達成したいことを心に決めてゲームに臨むことをお勧めする。

それによって、モチベーションが高まるし、自分が望んだ結果が出ても出なくても、上達の材料になることは間違いない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。