バドミントン上級者のサービスとリターン

レシーバーが高く中央に上げた時、どちらが取る?

先日、練習ゲームで上級者のAさんと初めてペアを組んだ。

その時、そのAさんが言った一言が、自分にグサッと来てしまったのでシェアしたい。

Aさんがバック側からサービスを打った次の球が、相手レシーバーから高く真ん中に上がってきた。

本来ならフォア側のAさんが取る球なのだが、たまたま自分が取ってしまったのだ。

これには理由がある。

自分は普段自主練を行っているのだが、正直自主練メンバーの中に上級者は一人もいない。だから、中央に来てしまった球は、自分がいつも取る役に回ってしまっていたのだ。つまり、高く上がってきた球を、後ろに下がってクリアなりスマッシュなりを打つ時間的余裕がないため、自分が素早く取ってしまう。

いけないことに、普段からそのクセがついてしまっていたのだ。

だから、今回も高く中央に上がってきた球を、(ほんのわずかフォアよりの球だったこともあり)自分が取ろうとして動いてしまった。

サーブレシーブはフォア側が取る

しかし、本来ならそれはフォア側にいる利き手が右手のAさんが取るべき球だ。

しかし自分が取ろうとしてしまったため、結局かち合ってしまった。その後、Aさんはこう言った。

「それ、私が取る球ですから。」

「あ、すみません。(確かに、その通りです。)」

「私、自分の方に上がってくるように出してるんで。」

なんと、この言葉がグサッときてしまったのだ。

上級者とペアを組む時はリターンに気を付けよう

つまり、Aさんは、自分の側にシャトルが高く上がってくるだろうと予測して、サービスをしていたのだった。

ここまではさすがに自分は読めなかった。

なんせ、初めて組んだ相手だし、お互いにどの程度の実力があるか、まったくわからない状態でペアになったからだ。

もしAさんについてもう少し情報量が豊富にあれば、自分は決して手をださなかっただろうと思う。

今回のことで、Aさんはかなり上級者だということがわかった。

その後のプレイは当然、中央の球は全部Aさんに安心して任せた、ということと、Aさんがフォローしてくれると信じて、わりと大胆にプレイをすることができた、ということが収穫であった。

サービスリターンがどこに来るか予測して打つ

最近自分も少しずつやろうとしていることだが、たとえばサービスを出す時やスマッシュを打つ時、どこに打てば、相手がどこに返してくるかを考えながら打つ。

バック側からのサービスをアレイにショートで出せば、相手は体制を崩しておそらくストレートに返す確率が高い。だから自分は中央からフォア側を中心にケアすればいい。

一方ペアは、リターンナ-がスキルの高い人であれば、ヘアピンでバックのアレイを狙うだろうか、中央からバック寄りの前を中心にケアすればいい。

サービスは、もっとも自分がコントロールできるショットだし、打つタイミングもすべて自分が決められるから、予測もつけやすい。

上級者はあらゆるところに返してくるが、中上級者ぐらいまでの人なら、こちらが難しい球を出せば、打つ場所はある程度予測できる。

サービスリターンを見破られるな

これはトレーニングだ。

上級者はたいてい、サーブの時相手の立ち位置を観ている。そしてもっとも打ちにくい場所にサービスを送ってくるのだ。

もし自分がレシーバーなら、絶対に相手に悟られないような位置にポジションを取ろう。

ポジションがかなり前なら、相手はロングサービスを出してくることが多い。

逆に後ろに構えていれば、サービスラインぎりぎりに打ってくることも考えられる。

右寄りなら、左に、左よりなら右に、前傾ならロングサービス、というふうに、相手が打ちにくいようにサービスをしてくるのだ。

だから、立ち位置としては、ロングでもショートでもサイドでも中央でも、どこにシャトルが来ても打ち返せるような構えに持っていくことが重要だ。

サービスを叩くつもりで構える

初級~中級者は、だいたいリターンをロビングすることが多い。

これではだめだ。

サービスは、少しでも浮いたら、叩く。

もしくはそのままヘアピンで、相手が取りにくいところにシャトルを送ることだ。

自分は最近その技を出せるようになってきたので、ちょっとでも浮き球のサービスが来たら、すかさずプッシュで返していく。

動画で選手たちのサービスリターンをよーく観てみるといい。

安易にロビングをしている選手は一人もいない。サービス周りの三球は、とても重要だからだ。

さあ、大人バド部のみんな

明日から、サービスリターンは安易に上げない、浮いたサービスはすかさず叩くことを念頭に、ゲーム練習をしていこう。

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。