バドミントン上級者の影響力



本日のゲーム練習会では、たまたま上級者と一緒にペアを組むことになった。そのCさんはシングルスでも活躍している上級者で、球さばきも上手いし、スマッシュもクリアもものすごい威力だ。

対戦相手も自分もそのCさんのパフォーマンスをよく知っていた。Cさんを敵に回すともうあっという間に負けてしまう。

実は自分がバドミントンをやり始めたばかりのころそのCさんと一度だけ対戦したことがある。

もちろんボコボコにやられてしまったのだが、負けてしまって悔しいと思うことよりも、その球さばきの上手さに本当に驚いてしまった。そしてその時、よし、自分ももっとうまくなりたい。少しでもCさんに近づきたい、頑張ろう。と誓ったことを覚えている。ちょうど3年ほど前の春のことだ。

そして今日、再びそのCさんと本日、3年のブランクを経て、今度はペアとしてゲームをしたのだ。

とても興味深かったのは、対戦相手がCさんだと知った瞬間の、対戦ペア二人の態度だった。

ふたりは上級には及ばなくても、よく打てる二人だった。ところが相手がCさんだとわかると、もう戦う前に、すでに負けを自覚していたのだ。

上級者に勝つためには、精神的な弱さを克服することが大切

自分が上級者と対戦した時は、よく思うことなのだが、少しでも上級者がどのように戦うのか、あるいはどんな時にどのような球をどこに配球するのか、どのように決めるのか、スマッシュの打ち方は?クリアの打ち方は? など、いろいろじっくり見ておこうとする。

そして、相手からのスマッシュを受けることができたら素直に喜ぶし、自分のショットが相手を翻弄すれば、やはり嬉しいと思う。

1点でも点数をもぎ取れれば、やったー、と思う。

決して卑屈にならない。試合を最初から放棄しない、諦めない。

けれども対戦する前から、相手が強いからもう負けるに決まっている、という考え方だと、本当に負けてしまっても、そこから何も得るものがない。ただ残念だった、でおしまいだ。

負けてもいいから相手のむねを借りて頑張ろう、相手のスキルを真似しよう、相手の戦略を研究しよう、といった気持ちで臨むのとそうでないのとでは、これからの上達度にかなり影響するように思う。

強い相手が対戦相手になってしまった時は、負けるかもしれないけれど、相手のスマッシュを1球でも取ってみよう。ネットにひっかかることを恐れず、1球でもスマッシュを決めてみよう。失敗してもいいから相手のイヤなところに球を運んでみよう。といったように、自分ができることをゲームの中でいろいろやってみることだ。

対戦相手が負けた理由

対戦ペアがCさんと自分のペアに負けた本当の理由は、実はCさんが強かったから、ではない。Cさんだってミスをすることが何回かあったのだ。完璧ではない。ところが相手ペアはどうだろう。

完全に自滅だ。

Cさんという、いわば脅威の存在に、二人の気持ちが押しつぶされてしまった。

実際の試合は、自分としてはとてもスムーズに運んでしまった。相手は、Cさんにではなく、自分に球を送ってくる。それは当然だ。ペアの弱いほうに球を送るほうが点数が取りやすいからだ。

しかし、自分も負けてはいない。3年前の自分とは全然違うのだ。

もう初心者ではないし、自分には何のプレッシャーもない。ペアが強いから、あまり気にせず自分の思ったとおりの球を打とうとする。

相手のスマッシュをレシーブで高く返す。クロスカットで相手のネット前に球を落とす。スマッシュと見せかけてドロップをするなど、ショットも多彩に打つことができるようになってきている。

だから相手もなかなか自分を崩すことができなかった。

そうかといってCさんに球を送れば、その倍以上のいい球が返ってきてしまう。

そして何よりも、自分たちが楽に戦えたのは、そのペアの動きがよくなかったことが原因だった。スマッシュも簡単に返すことができたし、難しい場所へ球が送られてくることもなかった。

それよりも相手のショットは、普段どおりのショットが出てこない。簡単なミスをしてしまう。スマッシュにも威力がないなど、普段とは全然違うパフォーマンス度なのだ。

なぜ?

その答えは簡単だ。

それはCさんと言う脅威の存在に自分たちの気持ちが負けてしまい、それがプレ―に如実に出てしまっているからだ。

負けると思っているから、体が負ける方向に行ってしまっている。脳が、「この試合に自分は負けなければならない。」と言っていて、球を拾うことができない。身体が固くなっている。

自分が上級者になるためには、考え方を変えること

ここで声を大にして言いたい。

自分が負ける、と思っていれば、本当に負けてしまう。そしてとてもみじめな気持ちになってしまう。

ああ、やっぱり自分は負けてしまった。

しかし、少しでも上級者に近づきたい、上級者から少しでも何かを得たい、と思いながらゲームに臨んだらどうだろう。

これなのだ、もっと自分が強くなる秘訣は。上級者になるためには。

次回のゲームから、こう思おう

もし強い相手とゲームをして負けた経験を持っているなら、その時の自分の感情を振り返ってみてほしい。

悔しいという気持ちだったのか。負けてがっかりだったのか、相手がうますぎるから仕方がない、というあきらめの気持ちだったのか?

もしこういったマイナス思考の状態であったなら、次回からはこう思おう。

相手にどうやったらプレッシャーを与えられるのだろうか?

相手がイヤな球はどんな球だろうか?

自分は相手のどこが上手だと思うのだろう、その上手な部分を自分も真似したい。

相手と自分の差をどうやったら埋められるのだろうか?

こういったプラス思考の考えを持つことだ。

ゲームは負けるかもしれない。けれどもその時負けたと思ってはいけない。

負けたのではない。自分は学んだのだ。

たくさんのことを吸収したのだ。

毎回そう思っていれば、いづれは必ず上級者に近づけるに違いない。

大切なのは、相手を脅威と思ってはいけない、ということだ。

自分を強くしてくれる協力者だ、と思い込むことだ。

そうすれば、決して相手を脅威に感じることはなくなるだろう。自分を導いてくれる協力者だと思っていれば、もっとその人と対戦したくなるだろう。そう思えれば、もはや上級者からなんのプレッシャーを感じることもないだろう。

上級者に当たれば当たるほど、自分はどんどん上手くなっていく。

自分はそう信じて疑わないから、上級者と対戦しても、あるいは逆にパートナーになっても、どちらにしても、とても嬉しい存在なのだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。