決めた場所に正確なショットを打つ

チャンスボールが来たから打つ、というだけでは必ず拾われてしまう。

レシーバーが上級者であればあるほど、レシーブ自体が相手のチャンスボールを生み出してしまう。

だから、やたらに打ってはいけない。

ではどうするか。

狙う場所を決め、そこに正確に打つようにするのだ。

狙うことはできるが、狙った場所に打つことができない、と言う人がとても多いし、自分もその一人だ。

いかに狙ったところに打てるようにするか。

いやいや、それ以前にどこを狙うかを瞬時に見極めなくてはいけない。

自分がよくやるミスは、相手がそこいいるのに、その人めがけて打ってしまうことだ。大バカだ。

だから簡単に拾われてしまうのに、こちらは完璧なスマッシュを打ったと思って一瞬気を緩めてしまう。そこをカウンターでやられた、という経験、ない?

そこで、どこに打っていいかわからなければ、まずはその人めがけて打つ、と言うことは金輪際やめよう。

どんなことがあっても、誰も人がいないところめがけて打つようにする。そして慣らすことだ。

次に、少し余裕が出てきたら、もしスペースを見つけられなければ、その人めがけて打つ。

ただし、その人めがけて打ってはだめだ。

???

つまり、相手の構えから、その人の打ちにくそうな場所に打つのだ。

たとえば両手を開いてラケットを構えている人なら、フォアは簡単に取れてしまうだろうから、その人のバックを狙う。その人が右利きなら、こちらから打つ時は当然フォア側に強烈なスマッシュを打つ。

すると、たいていは少し遅れてしまうから、かえってきたシャトルがそのまま再びチャンスボールになる可能性が高い。そうしたら、とどめのスマッシュだ。

このように、相手をめがけて打つ時は、見極めたショットの正確性を高めることを練習すると良い。

二人で練習する時は、片方がひたすらスマッシュ。片方がレシーブ
そして、レシーブ側のフォア側、中央、バック側にそれぞれ、1番、2番、3番の番号をつけ、スマッシュ側がレシーバーに打つ時に、「1番」とか、「2番」とか言ってから打つのだ。

相手に聞こえる必要はないけれど、宣言して打つことで、なるべく決めたところに打つ、という癖をつけるのが目的だ。

大人バド部のみんな

どこに打つか決めて打つ癖をつけよう、そしてできればその決めた場所に正確なショットが打てるように、何度も何度も何度も、何度も練習しよう。

練習あるのみ。
きっと、いつかは打てるようになる!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。