1日6分、週3日で体幹を鍛えよう

今年の自分の目標はなんといっても美しいクリアを修得するということだ。クリアがきちんと飛ばせるようになったら、スマッシュやその他のショットもつられてうまくなる。

とにかく基本はクリアだ。クリアさえ飛ばせるようになったら上級への道もぐんと近くなるに違いない。

さて、そのためにはいくつかやらなくてはいけないことがある。

普通の練習をしていても、自分も含めて大人バドのみんなはそれほど上達は望めない。

ではどうしたらいいのだろうか。

そのひとつはなんといっても体幹トレーニングだ。

一番簡単!3分で腹筋を鍛える方法

体幹トレーニングでもっとも簡単なものは、腹筋だ。腹筋の簡単な方法は、あおむけに寝て、膝を立て、その膝に向かって両手を上げ下げすることだ。うーむ、これはきつい。

両手の平が膝のてっぺんにつくか、といったら全然つかない。でもがんばってなるべく近くまでつくようにがんばる。

これを1日30回からスタートだ。慣れてきたら50回に増やす。

次に、同じあおむけの状態で両足を床から垂直に上げ、足先は床と並行にする。その足先に向かって、同じように両手をつくように体を持ち上げる。

うーー、これも相当きつい。

同じように1日30回。慣れてきたら1日50回行う。

腕立て伏せは7つの筋肉を同時に鍛えられる

小学校の時からなじみのあるトレーニングのひとつが腹筋だ。腕立て伏せは腕の筋肉をつけるため、と思っている人はいないだろうか。

腕立伏せは、実に7つの筋肉を同時に鍛えることができるのだ。

肩の筋肉である三角筋、そして上腕二頭筋、女性が腕をすっきり見せたい時に鍛えるべき上腕三頭筋、背中の脊柱起立筋、インナーマッスルのひとつ腹横筋、そして胸周りの大胸筋だ。

腕立伏せをした時に、腕だけでなく体全体が痛いように感じるのは、実にこれらのたくさんの筋肉も同時に鍛えられているからに他ならない。

これはクリアを力強く打つのに手助けとなる筋肉なのだ。

この腕立て伏せは1日30回行う。わずか3分で終わる。

2種類のトレーニングを一日6分行おう

最初の腹筋、そして次の腕立て伏せを3分ずつ、合計6分を1日で行う。これを1日おきに一週間で3回ほど行うのだ。

これを3カ月真面目に続けていけば、やがて相当な筋力がついていること間違いなし。

そして夢の、端から端へのクリアも実現できるというものだ。

 

[su_note note_color="#e1fca7"]

大人バド部のみんな

日々のトレーニングを大切にしよう。 今よりさらに進化したいと思ったら、こういった地味なトレーニングを欠かしてはいけない。

1日わずか6分なら、どんなに忙しくてもかならず隙間時間で実行できるはずだ。

今年は体幹トレーニング、筋力トレーニングをしっかり行ってバドミントンに役立てていこう![/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。