バドミントン すばやいフットワークを実践するために、この”時”を逃すな

勝つために、ひとつ地味だけど、確実なやり方がある。

それは、速く動く、ということだ。

相手ペアよりも早く、味方ペアより、とにかく速く動くということが重要だと気がついた。

その、点数につながるすばやく移動する時は、この"3つの時"を意識すると良いと思う。

これは自分の経験を元にセレクトした、すばやくうごかなくてはいけない、"時" だ。

サーブを打った直後、すばやく動く

たとえばサーブを打った直後の動作。

これはショートならその場でステップをして構えの姿勢になる。

ロングサービスをだしたら、少し後ろに下がって構えの姿勢を作る。

これは当然なのだが、この動作をとにかく速くするに限る。

今までなら、イメージ的には、打って、構えの姿勢を、ポン、ポン、という感じだった。

しかし速く構えの姿勢に移るには、ポポーン、というイメージで次の姿勢に移る。

おそらく1秒も違わないのだろうが、この素早さが肝心。

相手からどんな球が返ってくるかわからない時、確実に打ち返そうと思ったら、とにかく相手が打つより先に速く構えることだ。

攻撃した直後、すばやく動く

攻撃し続けている時は、必ずトッパンの形になっているが、後衛で攻撃し続ける場合、打ったら中央に素早く戻ることを徹底したい。

これができないと、左右に振られた時、ミスを連発してしまう。

自分もこれで振られて痛い目に何度も合った。

しかし、フォアで打ってからすぐに中央、バックで打った後すぐに中央に戻ることを行えば、比較的ミスも少なく、攻撃し続けられる体勢を保てる。

例外もあるかもしれないが、打ったら中央に戻る、と言うのはダブルスもシングルスも同じだろう。

この、中央に戻る動作と、とにかくすばやく行うように意識する。

自分が上げたら、すばやくサイドバイ

攻撃し続けている時に、自分がクリアを打った時は、打った直後にすばやくサイドバイのポジションへ移動する。

頭ではわかっていても、わりとその場に落ち着いてしまっている人が見受けられる。

自分主導で移動のタイミングを計れる場合は、とにかくすばやく移動することが肝だ。

攻撃からクリアを打ったら、すぐに移動。

頭に入れておこう。

 

[su_note note_color="#e1fca7"]

大人バド部のみんな

すばやく構える、すばやく移動する、すばやく動く、 これらは基本中の基本だが、なかなかゲームや試合で実践するのが難しい。

何度も練習し、スピードを上げていくしかない。

その場合、一回ジャンプして構える、というやり方ではかなり遅れる。

ジャンプというより、すり足ぐらいでちょうどいい。

とにかく速く移動する、というのがもっとも大事なのだ。

速く移動できれば、余裕を持って相手の球を待つことができるから、自分主導でゲームを進めることができるのだ。[/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。