バドミントンの試合勘のつけ方



本日はしょっちゅうクラブでダブルスの試合に出場している人たちとゲーム練習を行った。自分とのレベルはさほど変わらないのだが、いやむしろ自分のほうがショットの正確性やパワーでは勝っているのだが、二組ともに負けてしまった。

これはどういうことだろう。

試合勘のある、なし

最近特に感じているのは、普段の練習ではさほど上手とは思えないような人と、ひとたびゲームを行うとがぜんその人が上手に見えてしまう、というものだ。

実は自分は、こんなにたくさん練習をしているのにもかかわらず、生まれてから一度も大会に出た経験がない。

うそでしょう~?と思われても仕方がない。

だって、このブログでは、いろいろとわかったようなことを書いているのだから。

しかしこれは事実だ。一度もない。

そんな自分と、かたやガンガン大会に出ているような人と比較すると、いっぽうはかなりの試合勘があり、一方の自分には試合勘ほぼゼロ。いや、ゼロ、なのだ。

試合勘とは感覚的なものだから、なかなか、これが試合勘だ、ということは言えない。試合とゲーム練習は明らかに何かが違う。その「何か」が試合勘というものだ。

たとえばスマッシュを打ってきた相手に対して打つショットは、前に軽く落とすショットか、高くあげるレシーブか、攻撃的レシーブか、さまざまな選択肢がある。

そのどれを選択するかを素早く判断し、もっとも的確なショットを打とうとすること、それが試合勘というものだろうか。

また、相手に対して、逃げのロブやクリアを打つだけでなく、チャンスが来たら確実に攻撃する姿勢だろうか。

試合勘とは

バドミントンについてではなく、普段の仕事に置き換えてみたらわかりやすいかもしれない。

たとえばケガや病気や、何らかの理由でしばらく仕事から遠ざかっていて、ようやく職場に復帰したとしよう。

最初は、周りの雰囲気に飲まれてしまったり、仕事のスピードについていけないことが多い。しかし、慣れてくればすこしずつパフォーマンスを良くすることができる。これが、仕事の勘だ。

これをコートに置き換えてみよう。

試合では、場の雰囲気が全然違う。ミスしてはいけない、点数を取らなくてはいけない、負けたくない、という様々な感情が入り交じり、緊張感を生む。

また、コート内ではのんびりしていられない。よく相手を見て、ショットを決めていかなければあっという間に負けてしまう。スピード感を持って試合を進めていかなくてはいけないのだ。

しかも対戦相手は知らない人がほとんどだ。どんなショットをもっているか、どんな癖をもっているのか、対戦してみないとわからない。

それらをたくさん経験していくと、自然と試合勘がついてくる。

緊張感を経験している人がゲーム練習をしたときには、ずいぶんと余裕をもってゲームを進めることができる。

大きな大会を何度も経験した人は、周りもよく見えるし、いざという時の対処法も知っている。だから普段のゲーム練習はのびのびとすることができるだろう。だから良いショットもたくさん出てくるし、ミスも少ないし、相手の動きもよく見えるのだ。

それが、試合に出ている人とそうでない人が対戦した時の大きな違いなのだ。

試合勘をつけるには?

試合勘をつけるには?

はははっ。これは、愚問だな。

自問していて笑えてくる。

だって答えはもう出ているんだから。

当然、試合に出ることだよね。

そう思っている人が試合に出れていないのには、大きな壁があるからだ。

それはパートナー選び。シングルス一本の人は問題ないが、ダブルスで試合に出たいと思ったら当然パートナーが必要だ。

パートナー選びにあれこれ迷っている人は、試合になかなか出ることができない。

普段練習できるパートナーがいても、そのパートナーが試合に出たがらない人なら、やっぱり試合に出れないのだ。

クラブに所属している人は、当然だが試合に出たい人が集まっているから何の問題もない。逆にどの試合にどのパートナーと出るか、のほうがもめそうだ。

パートナー選びの時に大切なこと

しかしパートナー選びが大変だと思っているうちは、きっと一生試合には出れないかもしれない。

というのも、自分と同じかそれ以上の力をもっている人と組みたい、とたいていの人は思う。

自分よりかなり下手な人と組んでは、勝つ見込みがないと思うからだ。

しかし、そんな考え方をしていては、パートナーは見つからないだろう。

だって、多くの人がそう思っているし、自分より相当うまい人がわざわざ声をかけることは考えにくいからだ。やはり声をかける時は少なくても実力がほぼ同じぐらいか少し上、と思うのが普通だ。

しかしそれ以上に、大切な要素がある。

それは、試合とは勝ち負けではなく、自分の成長のためにあるのだ、と考えることができる人であるかどうか、ということだ。

勝ち負けだけにこだわりをもっている人は、もしその人と組んで負けてしまったら、二回目にもう一度組みたいか、といったらノーであろう。

しかし、この人と組んで一緒に成長しよう、あるいは試合を経験するたびごとに強くなろう、という考えだったらどうだろう。

また組みたい、と思うに違いない。

そんな考え方ができる人と組めるかどうか、が重要だ。

本日も長くなってしまった。このブログを読んでくれているのは、本当に奇特な人だと思う。

そして心から感謝する。読んでくれてありがとう。

もしどこかの試合でお会いすることになったら、よろしく。

猫バド部長がどこにいるかわからないって?

そりゃそうだろうな~。

まあ、試合に出ることになったら、目印をこっそり後から教えておこう。会場で探してみてくれたまえ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。